Blog&column
ブログ・コラム

歯石除去を自分で行う危険性を分かりやすく解説

query_builder 2022/06/15
コラム
34
歯石除去は、自分で手軽にできたら楽で良いですよね。
しかし、歯石除去は自分で行うのは良くないとされています。
そこで今回は、歯石除去を自分で行う危険性を分かりやすく解説します。

▼歯石除去を自分で行う危険性
■歯茎が傷つく
歯ブラシや歯間ブラシで歯石を除去しようとすると、歯茎が傷つく可能性があります。
特に力強くやったり雑にやると、歯茎に傷が付きやすくなってしまいます。
歯茎に傷がつくと、歯肉炎などの症状の原因になるので、とても注意が必要です。

■余計に歯石が付きやすくなる
歯石除去は、中途半端にやってしまうと余計に歯石が付きやすくなるんです。
歯石が中途半端に除去されると、その間に歯石が溜まりやすくなり、落としにくくなってしまいます。
自分で歯石除去すると、こうした危険性もあるので気をつけましょう。

■そもそもほとんど取れない
そもそもですが、ほとんどの場合は自分で歯石を除去しきれません。
それでいて無理やり除去しようとすると、歯茎が傷ついたり余計に歯石が付きやすくなることにつながります。

▼まとめ
歯石除去を自分で行う危険性は「歯茎が傷つく」「余計に歯石が付きやすくなる」「そもそもほとんど取れない」です。
歯石除去は自分でできたら楽ですが、できるなら歯科医院に通って除去してもらいましょう。
どうしても自分で行いたい場合は、丁寧にしっかりと行いましょう。
「梶原歯科」では、歯石除去をはじめ、さまざまな内容の施術を行っています。
城南区で地域密着型の歯医者を目指しているので、お気軽にいらしてください。

NEW

  • 福岡市の梶原歯科、新設備の紹介

    query_builder 2021/12/19
  • 福岡市の梶原歯科、設備の紹介

    query_builder 2021/12/19
  • 福岡市の梶原歯科、休診のお知らせ

    query_builder 2021/12/16
  • 歯磨き後のうがいは何回が適切?

    query_builder 2022/07/01
  • 歯石除去を自分で行う危険性を分かりやすく解説

    query_builder 2022/06/15

CATEGORY

ARCHIVE