Blog&column
ブログ・コラム

ホワイトニングとエアフローの違いについて

query_builder 2021/12/25
コラム
7
歯を白くしたいと考えている方は、ホワイトニングとエアフローの違いについて気になるのではないでしょうか。
実際、ホワイトニングとエアフローは、受けることで白い歯にできます。
そこでこの記事では、ホワイトニングとエアフローにはどのような違いがあるのか紹介していきます。

ホワイトニングとエアフローの違い
■目的が違う
ホワイトニングとエアフローの違いは、目的です。
例えば、ホワイトニングは、その名の通り薬剤を使って歯を白くするために行います。
歯が黄ばんでしまう原因には大きく2つあり、表面の汚れと歯の内部の変色です。
ホワイトニングなら、どちらの原因であっても歯を白く見せられます。

一方のエアフローは、細かいパウダーを歯に勢いよく吹きかけて、歯の表面の汚れを取るものです。
通常の歯磨きでは取り切れない汚れを取ることで、虫歯の予防をしていきます。
また、歯の表面の汚れを強力に取るので、結果的に歯を白く見せることも可能です。
ただし、歯の内部の変色が原因の場合は、歯を白くできません。

■料金が違う
ホワイトニングとエアフローは、料金に大きな違いがあります。
例えば、ホワイトニングは、基本的に20,000円以上が相場と考えられるでしょう。
一方でエアフローは、多くの場合3,000円程度で受けられます。
「コーヒーや紅茶を飲むようになってから急に黄ばみだした」という方は、エアフローをはじめに試してみてください。
歯の表面の汚れが原因なら、低価格で白い歯に戻せます。

▼まとめ
ホワイトニングとエアフローの違いは「目的」と「料金」です。
目的と料金が違うので「歯を白くしたい」という方は、一度歯科医に相談することをおすすめします。
当院はホワイトニングとエアフローの両方が可能です。
歯の黄ばみを気にしている方は、ぜひ当院にご相談ください。

NEW

  • 福岡市の梶原歯科、新設備の紹介

    query_builder 2021/12/19
  • 福岡市の梶原歯科、設備の紹介

    query_builder 2021/12/19
  • 福岡市の梶原歯科、休診のお知らせ

    query_builder 2021/12/16
  • 歯周病におすすめの予防法4選

    query_builder 2022/05/22
  • 歯周病になってしまう原因4選

    query_builder 2022/05/15

CATEGORY

ARCHIVE